女子サッカー
モテ期|相性診断|てんびん座
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
女子サッカー(じょしサッカー)は、女性が選手としてプレーするサッカーであり、約100年以上にわたって行われてきた。しかし黎明期は慈善活動運動の一環として行われており、1970年代に女性のサッカーが組織化され、進歩への道程を歩み始めるまでは、サッカーといえば「男性のためのスポーツ」という見方が大勢であった。今日いくつかの国においては、サッカーは女性にとって最も身近なスポーツ競技であり、またいくつかある女子のプロスポーツのひとつでもある。
女子サッカーは、世界各国、または世界および各大陸レベルにおいていくつかの大会が創設され、女子サッカーの全国リーグの数も少しずつ増加するなど、着実に成長を遂げている。
女子サッカーはその存在を認められるため、長きに渡り苦闘を経験してきた。1920年代初頭、イギリス国内で女子サッカーが最初の黄金時代を迎えていた時代、いくつかの試合では50,000人を超える観客を集めていた[1]。しかし1921年12月5日、イングランドサッカー協会において会員であるクラブによる投票が行われた結果、1971年7月にこの決定が撤回されるまで、女子サッカーはイングランド国内において排除されることとなった。
FIFAの統計によると、世界の女子サッカーの競技人口は2006年時点で約2600万人である[2]。協会登録人口は約410万人であり、その中でもアメリカは約167万人と圧倒的に多く、世界の4割以上を占めている[2]
四柱推命|霊視|ふたご座
セルライト|手相|運命の人
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.歴史
2.各国・地域の女子サッカー
├2.1.アジア
├2.2.ヨーロッパ
├2.3.北アメリカ
├2.4.南アメリカ
└2.5.アフリカ
3.待遇
4.脚注
5.関連項目
6.外部リンク

1. Trail-blazers who pioneered women's football BBC 2005.6.3付記事
2. FIFA Big Count 2006: 270 million peope active in football fifa.com 2014年7月7日閲覧。

出典:Wikipedia
2016/11/07 17:30
看護助手|心理テスト|星座占い
がん保険|ほくろ除去|結婚
ソ人気記事ランキング
2017/07/27 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位コンコルド墜落事故
 3位相模原障害者施設殺傷事件
 4位7月26日
 5位オーロラ銃乱射事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant