サービス終了のお知らせ
止血
▼人気記事ランキング
3.止血の方法
3.1.一般的でない方法
大昔から傷口を焼コテで焼いたりして焼灼止血法が行われ、特に手足の切断などの大怪我の場合には古代より中世辺りまで用いられてきた止血法である(フランス人医師アンブロワーズ・パレ結紮法を広めて改められた)。場合によっては煮えたすら利用された。ただし熱量の調節が難しい上に、実質的に熱傷(やけど)で負傷個所を広げているだけであるため、現在では一般人や救急隊員が行う応急処置としては認められておらず、医師が薬剤や電気メスなどの機器を使用して行う止血法である。家畜やペットなどに対しては獣医師でなくても一般の牧場などで行われているが、衛生的でない環境では熱傷が感染症を引き起こし易くなるため、その後の十分な治療が必要である。

[4]前ページ
(3.止血の方法)
[6]次ページ
(4.注意)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/03 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant