サービス終了のお知らせ
市川春代
▼人気記事ランキング
1.来歴・人物
1.1.子役からスターへ
1913年(大正2年)2月9日長野県長野市善光寺門前[1]西後町[2]に、弁護士の父・喜一、母・きんの二男二女の次女として生まれる。県庁や裁判所の至近の地であった。
1919年(大正8年)、長野県師範学校附属小学校(現在の信州大学教育学部附属長野小学校)に入学。1924年(大正13年)8月3日に父が死去、同校を高等科2年で中退して、叔父が懇意にしていた日活の取締役根岸耕一の紹介状を持ち、13歳になった1926年(大正14年)6月16日日活大将軍撮影所に入社した。伊奈精一監督の『都の西北』でデビューした。主演の中野英治の弟役である。そういった子役やら、同輩の玉川みちみと仲良く舞妓役などでクレジットもなく出演する日々がつづいたが、「ハル坊」と呼ばれて、スタッフにかわいがられ、阿部豊監督邸にお世話になった[2]
一般的には入社第1作とされているのは、1930年(昭和5年)の現代劇、長倉祐孝監督、入江たか子主演『銀座セレナーデ』である[2]1931年(昭和6年)、伊藤大輔監督の『侍ニツポン』で名をなした[1]。時代劇にも出演したが、入江の兄の東坊城恭長監督、サトウ・ハチロー原作による市川主演作『浅草悲歌』(1932年)など、現代劇にも多く出演した。とくに入江主演、東坊城監督作品に重用された。徳永フランク監督の『金は天下の廻り持ち』では、谷幹一の相手役に抜擢された。当時来日したハリウッドスター、ロナルド・コールマンが同撮影所を訪問したさいに、コールマンから「和製コリーン・ムーア」と名づけられた[2]
[6]次ページ
(1.2.歌手デビューしたトーキー・スター)

1. 『映画花形写真名鑑』(『講談倶楽部』誌、1936年新年号付録)の「市川春代」の項の記述を参照。1520.jpgでその抜粋が読める。
2. 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年)の「龍田静枝」の項(p.79-82)を参照。同項執筆は盛内政志

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/03 13:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant