子会社
▼人気記事ランキング
1.日本の会社制度
1.3.子会社化のメリットとデメリット
子会社は親会社がもともと担当していた事業・業務を移管して生まれるケースが大半だが、この場合の多くでは、実務を子会社に移管することで、親会社となった会社が新規事業への着手や投資等にリソースを割けるようになるというメリットがある。

また、企業グループ全体で収める租税の額についてもメリットを享受できる場合がある。すなわち、法人税率や法人住民税率は、それぞれの会社ごとの利益(法人税法上、正確には「所得」)の額により変わってくる場合があるが、これを子会社化によってうまく活用することで節税のような効果を得られる場合がある。すなわち、たとえば親会社が子会社に、または子会社が親会社になど、グループ会社間で取引を行って金銭を支払うとする。支払った側で損失を、支払われた側で利益を計上することができ、理論上はそれぞれの会社ごとの利益をある程度自由に決められることになるためである。

子会社化によるコンプライアンスのリスク分散などの利点も考えられる。

一方、当然ながら1社より2社とするほうが事務手続きは煩雑化し、単純に2倍の経理事務作業量が必要となることになる。また会計事務所への顧問料や、法人住民税のいわゆる均等割の額についても単純に2倍となる。

[4]前ページ
(1.2.親子会社関係の規律)
[6]次ページ
(1.4.労働法と子会社)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/08 21:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/22 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位山本美香
 4位8月21日
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant