子音
▼人気記事ランキング
2.分類方法
上記の子音の分類は調音様式による分類であるが、通常はこれに調音部位による分類および以下に述べる「発声」による分類や「気音」の有無を組み合わせて子音を分類する。

なお、摩擦がなく、母音のように長く引き伸ばして発音できる子音、即ち鼻音である[m][n][ŋ]や側音である[l]やある種の[r]など、狭義には、[l]とある種の[r]流音(りゅうおん:liquid)と呼称することがあるが、この用語は単なる聴覚印象によって命名された慣用にすぎず、現在の音声学では用いられていない。

[4]前ページ
(1.3.非肺臓気流機構)
[6]次ページ
(3.閉鎖音の変化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/24 23:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant