子どもの貧困
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
子どもの貧困(こどものひんこん)とは必要最低限の生活水準が満たされておらず心身の維持が困難である絶対的貧困にある、またはその国の貧困線(等価可処分所得の中央値の50%)以下の所得で暮らす相対的貧困にある17歳以下の子どもの存在及び生活状況を言う[1][2]。OECDや厚生労働省調査の相対的貧困率には等価可処分所得の中央値の50%が使用されている。この50%という数値は絶対的なものではなく、40%や60%を用いる場合もあり、EUは公式の貧困基準のひとつに中央値の60%を使用している[3]子どもの相対的貧困率については、発表主体、統計利用データ年次によって変動する。本ページでは日本国内における相対的貧困状態の子どもについて記述する。
目次
1.子どもの貧困率
2.子どもの貧困に関する概要
└2.1.母子家庭の貧困
3.就学援助
4.生活保護世帯の子ども
5.貧困の連鎖
6.学力格差
7.高等教育への公的給付と奨学金
8.自殺
9.医療助成
10.虐待
11.食生活
12.貧困家庭と犯罪
13.児童養護施設の子ども
14.外国にルーツのある子ども
15.沿革
16.諸外国と比較した政治の対応
├16.1.アメリカ
├16.2.イギリス
├16.3.スウェーデン
├16.4.デンマーク
├16.5.日本
├16.6.フランス
└16.7.国連
17.財源
18.脚注
├18.1.注釈
└18.2.出典
19.関連項目
20.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/18 07:31
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant