四日市ぜんそく
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)とは、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)[1]と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)[2]で、高度経済成長期の1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である。四大公害病の一つ。漢字では、四日市喘息と表記する。水質汚染を含めた環境問題としては、四日市公害と呼ばれている[3]。四日市公害が発生した当時は別名では塩浜ぜんそく(四日市市内で使用された名称)[4]の名称や、大気汚染が原因で発生した健康影響事件として[5]四日市のぜんそく事件国会内で使用された名称)[6]の名称で呼ばれていた。
目次
1.概要
2.原因
3.症状
4.四日市公害裁判の争点
5.コンビナートの誘致
├5.1.政治的背景
├5.2.軽工業に変わる新産業としての重工業化政策
├5.3.建設地
└5.4.反対運動
6.他の四大公害病との比較
├6.1.行政の責任
├6.2.高度経済成長による経済発展の代償
├6.3.都市部に発生した公害
├6.4.唯一の大気汚染
└6.5.保守政党(自由民主党)対革新政党による政治問題化
7.公害の歴史
├7.1.公害前期
├7.2.公害後期
├7.3.被告企業
├7.4.三重県警察と衝突した磯津漁民一揆
├7.5.公害の種類
├7.6.調査結果
├7.7.四日市公害訴訟
├7.8.最初に認定された公害患者の死亡例
├7.9.教育著名人の公害病死
├7.10.子供の被害
├7.11.公害患者の自殺
├7.12.公害統計
├7.13.乳児死亡率統計
├7.14.集団移転政策
├7.15.小学校の問題
├7.16.高煙突化対策
└7.17.四日市市の対応
8.四日市の地域事情
├8.1.四日市市(南部・中部・北部・西部)の違い
├8.2.公害都市のイメージ
├8.3.宝町
├8.4.石原町
├8.5.浜旭住宅
├8.6.小浜町
├8.7.松泉町
├8.8.雨池町
├8.9.平和町
├8.10.川尻町
├8.11.平田佐矩市長と磯津漁民一揆(塩浜・富洲原魚事件)
├8.12.四日市市長(九鬼喜久男)
├8.13.三重県知事(田中覚)
├8.14.九鬼喜久男市長による政治問題化
├8.15.社会科の教育の内容
├8.16.四日市市の政治問題
├8.17.四日市市の経済問題
└8.18.四日市市の都市問題
9.公害対策
├9.1.四日市市の対策
├9.2.公害の発生地区
├9.3.日本列島一周マラソン
├9.4.革新政党による公害対策
└9.5.環境技術の革新
10.その後
11.脚注
12.参考文献
13.関連項目
14.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/02 15:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant