四国
現金|脱毛|おひつじ座
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
四国(しこく)は、日本列島を構成するの一つである[4]
北海道本州九州とともに主要4島の一つでもあり[5]、この中では最も小さい[6][7]。最高標高は石鎚山の1,982mで、福井・石川・岐阜県境の両白山地三ノ峰 (2128m) 以西の西日本では最も高い[8]面積は18,297.78km2[1]世界の中では、バナナル島ブラジル)に次ぐ第50位の大きさである[9]
四国とその付随する島(小豆島大三島大島中島伯方島豊島など)を合わせて「四国地方」と言う[10][11]。これら付随する島を含めないことを強調したい場合、「四国本土」あるいは「四国島」と呼ぶこともある。
日本の地理・四国日本の地域・四国地方も参照)
四国には、徳島県香川県愛媛県高知県の4つの地方公共団体)があり、4県総人口は3,912,670人である[12]。(表右下 四国地方も参照)
四国の古代の呼称は、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」(いよのふたなのしま)である。
相性占い|てんびん座|結婚
しし座|手相|運命の人
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.概要
2.歴史書における呼称
3.地理
├3.1.広袤(こうぼう)
├3.2.周囲の海
├3.3.主な岬
├3.4.山地・山岳
├3.5.河川・湖沼
└3.6.平野・高原
4.気候
├4.1.瀬戸内海地方
└4.2.太平洋側
5.歴史
├5.1.古代
├5.2.中世
├5.3.近世
└5.4.近代
6.経済
├6.1.域内総生産
└6.2.工業
7.人口
├7.1.各県の人口
├7.2.年齢構成
└7.3.人口の増減
8.地域
├8.1.各地域とのつながり
├8.2.都市圏
├8.3.主要都市
├8.4.各県の表示順
└8.5.四国の「中心」
9.教育
├9.1.国立大学
├9.2.公立大学
├9.3.私立大学
└9.4.高等専門学校
10.交通
├10.1.鉄道
├10.2.バス
├10.3.本四架橋
├10.4.道路網
├10.5.航路
└10.6.空港
11.文化
├11.1.方言
├11.2.祭り
├11.3.伝統工芸
├11.4.食文化
└11.5.主な名所・史跡
12.スポーツ
├12.1.アイスホッケー
├12.2.サッカー
├12.3.ソフトボール
├12.4.バスケットボール
├12.5.バドミントン
├12.6.バレーボール
├12.7.ハンドボール
├12.8.ホッケー
├12.9.野球
├12.10.ラグビー
└12.11.陸上競技
13.出身者
14.脚注
15.参考文献
16.関連項目
├16.1.その他日本の主な島

1. 平成28年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院 (2016年10月1日). 2017年2月27日閲覧。
4. 島国領土がすべてから成る国)である日本を構成する6,852に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島本土5島離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識)[1] 2009年11月27日閲覧。 ただし、について地理学上はこのような分類・区分けはない。
5. 【参考】 島国一覧領土がすべてで構成される国)
6. 平成25年10月1日時点の島面積より (PDF) 国土地理院(注:表中の「沖縄島 おきなわじま」は、通称名「沖縄本島」の正式名称)
7. 【参考】 日本のの面積順に上位10島本州北海道九州四国択捉島国後島沖縄本島佐渡島奄美大島対馬。 [出典] 国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、。
8. 四国山地の西部、愛媛県に位置する石鎚山の標高である。
10. 【参考】 国土地理院 四国地方の主な島の面積。なお、四国4県を四国地方とする見解もある。『日本地名大百科』小学館 1996年 p.554
11. 地方公共団体都道府県)別では、徳島県香川県愛媛県高知県の4県が所在する。 国土交通省 四国地方 整備局
12. 【参考】 四国4県総人口は、おおむね、都道府県人口順位第10位静岡県の人口約376万人に相当する(都道府県の人口一覧#国勢調査による統計(2010年))。

出典:Wikipedia
2017/07/23 05:30
霊感|性格診断|前世占い
運命の赤い糸|転職|無料相性占い
ソ人気記事ランキング
2017/09/20 更新
 1位山本博 (お笑い芸人)
 2位熊谷連続殺人事件
 3位9月19日
 4位こちら葛飾区亀有公園前派出所
 5位光成英一朗
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant