仕事と日
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
仕事と日(しごととひ、または仕事と日々農と歴ギリシア語?ργα κα? ?μ?ραι, Erga ka? Hem?rai)は、ヘーシオドス紀元前700年頃に書いた828節からなる古代ギリシア。この詩は2つの世間一般の定説をめぐって展開されている。具体的には、労働こそ人間のすべてであり、働くものだけが得ることができるということである。研究者たちはこの作品を、新天地を求めての植民地化に奮い立つばかりの、本土ギリシアの農業危機という背景に対するものだと考えていた。また、古代の互酬関係の崩壊について記した文献であるという指摘もある[1]
目次
1.内容
2.日本語訳
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/07/30 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant