サービス終了のお知らせ
山陽電気鉄道
▼人気記事ランキング
3.鉄道事業
3.2.他社線との直通運転
阪神電気鉄道直通特急が、神戸高速線阪神本線を経由して山陽姫路駅 - 大阪梅田駅間で相互直通運転。普通・S特急は阪神神戸三宮駅まで。
阪急電鉄神戸高速線を経由して、1998年まで山陽電鉄の列車が阪急神戸本線六甲駅まで、阪急の列車が神戸本線から山陽電鉄本線須磨浦公園駅まで直通運転していた。現在は、普通・S特急が神戸高速線阪急神戸三宮駅まで(上図では阪急線方面にS特急の記載がないが、2016年3月19日のダイヤ改正より直通開始。高速神戸以東の停車駅は、花隈、阪急神戸三宮)。
神戸高速線は、2010年9月30日までは自社の第二種鉄道事業線でもあった神戸高速鉄道東西線への乗り入れという扱いで列車を運転していた。翌10月1日以降、神戸高速鉄道の運営形態の変更により、1998年改正で一度は廃止された山陽から阪急への直通運転が営業上は片乗り入れながらも復活したことになった。
近畿日本鉄道:将来、阪神なんば線・阪神本線・神戸高速線を介して有料特急が乗り入れる構想がある[27][28]。なお、2013年2月24日には一般車両ではあるが、阪神1000系を使用して山陽姫路駅から阪神なんば線・阪神本線・神戸高速線を介して近鉄奈良線近鉄奈良駅までの直通の貸切列車の運転が行われた[29]。さらに2014年7月には近鉄奈良駅から山陽姫路駅までの直通貸切列車が運行された[30]。2019年の阪神なんば線開業10周年の節目にも近鉄主催で3社直通の貸切列車が運行される[31]
[4]前ページ
(3.1.路線)
[6]次ページ
(3.3.車両基地)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/12 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant