サービス終了のお知らせ
山梨日日新聞
▼人気記事ランキング
6.記事・社説盗用問題
6.3.その後
社説盗用の発覚により、読者からは「県民を愚弄している」といった厳しい批判の声が挙がった[12]。社説を盗用された毎日新聞などからも批判された。「社説」は2007年2月21日付から休止することを発表したが[13]、わずか数ヵ月後には「論説」という形で復活し、現在も続けられている。「論説」の実態は「社説」と全く変わらなかった[14]ほか、「論説」として再開される際の読者への説明は一切なかった[15]

また、盗用問題の責任を取って引責辞任した野口英一であるが、しばらくして社長職に復帰している[16]

[4]前ページ
(6.2.処分)
[6]次ページ
(7.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/30 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant