山本正明
▼人気記事ランキング
1.来歴・人物
劇団ひまわり出身で[1]1959年松竹映画『ハイティーン』でデビュー[2]1962年日活と契約して主に青春映画に出演するが、その後、日活を退社してフリーとなる[2][4]

1964年テレビドラマ特別機動捜査隊』(NET)にゲスト出演したことがきっかけとなり、同年のテレビドラマ『ゼロ戦黒雲隊』(NET)にレギュラー出演。『ゼロ戦黒雲隊』のプロデューサーである中井義の勧めで、山本 磯六(やまもと いそろく)に改名する[4]

1966年、『忍者部隊月光』(フジテレビ)に第111話より、忍者部隊のメンバー・満月役でレギュラー出演。『月光』の主演である水木襄とは、行きつけのとんかつ店が一緒だったことから出演前から親交があり、水木に「俺も出たい」と話したところ、水木がプロデューサーに通して出演が決定した[4]

1968年からは再び本名に戻し、1969年のテレビドラマ『娘すし屋繁盛記』(朝日放送)の出演を経て、『バリバリ娘奮闘記』(朝日放送)では襖職人役でレギュラー出演[2]。『バリバリ娘奮闘記』の出演者である和泉雅子八代英太とは『娘すし屋繁盛記』でも共演していたため、当時の紹介記事では「気心が知れているので楽しい番組です」と述べている[2]

以後、人気漫画の実写版映画『あしたのジョー』でマンモス西を演じたほか、テレビでは『柔道一直線』(TBS)、『ウルトラマンA』(TBS)などに出演[4]

1978年に芸能界を引退、その後は絵画関係の仕事をしていた[5]。2006年にファミリー劇場で放送された『ウルトラ情報局』にゲスト出演し久々にテレビに登場した。

晩年は、『ウルトラマンA』の共演者である高峰圭二星光子たちと特撮関連イベントに出席するなど元気な姿を見せていたが[6]、星光子は2015年1月の自身のブログの中で、『ウルトラマンA』共演者である佐野光洋から、2014年5月に山本が逝去したという連絡を受けたと綴っている[3]

ウルトラセブン』(1967年)のフルハシ隊員の候補に挙がっていたが、スケジュールの都合で実現しなかった[4]

特技は、柔道歌唱[1]

[6]次ページ
(2.1.映画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/20 17:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/05 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位井上真樹夫
 5位HR 8799 d
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant