山本権兵衛
▼人気記事ランキング
2.生涯
2.1.生誕から海軍兵学寮卒業まで
薩摩国鹿児島郡鹿児島城加治屋町(現・鹿児島市加治屋町)に薩摩藩士で右筆及び槍術師範を務めていた山本五百助盛aの六男に生まれる(幼名も権兵衛)。盛武薩英戦争及び戊辰戦争に従軍[1]

戊辰戦争後、1869年明治2年)に当時の政府高官であった西郷隆盛の紹介[2]勝海舟の薫陶を受け、開成所[3]、海軍操練所[4]そして海軍兵学寮と 海軍軍人への道を歩むことになった。海軍兵学寮では実戦を体験した山本らの学生は、実戦を体験していない近藤真琴などの教官に素直に従わないこともあった。「教官はそう言われるが、実戦での体験では、そのようなことは無い」と批判するのが常套手段であった。

西郷隆盛が明治政府から下野した時は、1874年(明治7年)に西郷を追って鹿児島へ一時的に帰省するも、西郷自らの説得により海軍大輔川村純義に詫びを入れ兵学寮に戻った。同年に海兵2期卒業、 席次は17人中16席[5]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(2.2.青年士官時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/16 15:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant