サービス終了のお知らせ
山本一義
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.2.現役時代
プロの全球団から誘いを受け[2]、広商の大先輩で高校時代から目をかけてもらった鶴岡一人監督率いる南海ホークスに入るつもりだったが、それを父に話すと酷く落胆。また当時の通産大臣でカープ後援会の名誉会長だった池田勇人から説得され1961年、地元の広島カープに入団した[2][3][14]

1年目の1961年は開幕から右翼手、五番打者に抜擢されるが、力不足は否めず打撃は低迷。しかし1963年には左翼手の定位置を得て興津立雄森永勝也らとともに中心打者として活躍、1964年には初の規定打席(9位、打率.290)に達する。同年は21試合に四番打者として起用された。1966年は打率.300(8位)を記録し、初のベストナインに選出される。1967年は右翼手に回り、自己最高の打率.311(4位)を記録。1968年は開幕から四番打者に座り、1969年には打率.294(5位)、21本塁打を放って2度目のベストナイン選出。タイトル獲得は無かったが、低迷期のチームにあって地元出身の生え抜きのスター選手として大きな役割を果たした。1972年まで右翼手の定位置を守るが、1973年には新入団のジム・ヒックスが外野の一角を奪い、出場機会が減少する。チームの主将を務め、コーチ兼任となって2年目の1975年は、レギュラーから外れたがリーグ初優勝を経験。阪急ブレーブスとの日本シリーズ第4戦では2回表に足立光宏から本塁打を放つ。同年限りで現役引退[15][16]

[4]前ページ
(1.1.プロ入り前)
[6]次ページ
(1.3.引退後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/09 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant