山田信道
▼人気記事ランキング
概要
山田 信道(やまだ のぶみち、天保4年11月3日1833年12月13日) - 1900年明治33年)3月11日)は、日本の官僚政治家。旧熊本藩士。男爵

生涯[編集]

肥後熊本藩出身。尊皇攘夷思想に惹かれて鹿児島に下る。文久2年(1863年)、八月十八日の政変により江戸幕府に捕らわれ、拘禁5年の判決を受ける。明治維新後に新政府に入り、明治4年(1871年)の廃藩置県に伴い江刺県権知事に任命される。一時期、轟武平らと共に神風連に属し、その中で穏健派となっていたが、神風連の乱の頃は、既に山田は政府協力派となっていた。以後、鳥取県令、福島県1891年(明治24年)に大阪府知事。1895年(明治28年)には京都府知事に就任した。1896年6月5日、維新や地方行政の功により男爵を授爵[1]1897年(明治30年)には第2次松方内閣農商務大臣として入閣した。のち、会計検査院長を務めた。

栄典[編集]

1900年(明治33年)3月11日 - 従二位[2]
1887年(明治20年)11月25日 - 勲三等旭日中綬章[3]
1889年(明治22年)11月25日 - 大日本帝国憲法発布記念章[4]
1894年(明治27年)12月26日 - 勲二等瑞宝章[5]
1900年(明治33年)3月11日 - 旭日大綬章[6]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2019/04/05 13:30
ソ人気記事ランキング
2019/04/24 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位岡村孝子
 4位4月23日
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant