山内一豊
おうし座|婚活|愛内里菜
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.出自と読み
1.2.「山内」「一豊」の読み
「山内」の読みについて、多くの歴史参考書や辞典などでは「やまのうち」と訓むとされてきた。これは、土佐山内氏が祖先であるとする首藤山内氏が「やまのうち」と訓むことによる。現に首藤山内氏が苗字の元とした鎌倉・山内庄(神奈川県鎌倉市山ノ内)の地名は「やまのうち」と訓む。一方、一豊の山内氏は、既出の『寛政重修諸家譜』には「やまうち」と平仮名でルビがふられている。また、淀殿の侍女大蔵卿局による一豊宛の書簡には平仮名で「やまうちつしまどの」となっており、これらの点から最近では「やまうち」と訓むのが正しいと考えられている。「一豊」の読みについては、一般的には「かずとよ」と訓まれてきたが、一豊が偏諱を家臣に与えた際の訓みから「かつとよ」と考えられている。[4]
スピリチュアル|無料ゲーム|縁結び
運命の赤い糸|結婚|にきび跡
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.1.出自)
[6]次ページ
(2.1.立身)

4. 2006年(平成18年)の大河ドラマ功名が辻』では、「かつとよ」「かずとよ」いずれの読みとするか製作サイドでも最後まで問題となったが、山内家より「親しまれている名前で呼んでやってください」とのメッセージもあり、ドラマでは「やまうちかずとよ」と読むことになった。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/13 21:00
現金|性格診断|相性診断
恋愛占い|ほくろ除去|血液型占い
ソ人気記事ランキング
2017/07/20 更新
 1位銀魂の登場人物一覧
 2位カスピアン航空7908便墜落事故
 3位7月19日
 4位二千円紙幣
 5位ぼくらの勇気 未満都市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant