山の手言葉
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
山の手言葉(やまのてことば)とは、東京山の手で使われてきた日本語の方言江戸言葉とともに東京方言を構成する。
江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。
目次
1.特徴
2.代表的な表現
3.脚注
4.文献
出典:Wikipedia
2019/09/14 12:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant