サービス終了のお知らせ
山の音
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
山の音』(やまのおと)は、川端康成長編小説戦後日本文学の最高峰と評され[1]、第7回(1954年度)野間文芸賞を受賞[2][3]。川端の作家的評価を決定づけた作品として位置づけられている[4][5][6]老いを自覚し、ふと耳にした「山の音」を期の告知と怖れながら、息子のに淡い情を抱く主人公の様々な夢想や心境、死者を基調に、復員兵の息子の頽廃、出戻りの娘など、家族間の心理的葛藤を鎌倉の美しい自然風物と共に描いた作品[1]。繊細冷静に捕えられた複雑な諸相の中、敗戦の傷跡が色濃く残る時代を背景に〈日本古来の悲しみ〉〈あはれな日本の美しさ〉が表現されている[1][6][7][8][4][9]
『山の音』は海外でも評価が高く、2002年(平成14年)にはノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に、近代日本の作品として唯一選出された[10]
目次
1.発表経過
2.あらすじ
3.登場人物
4.作品背景
5.文壇での反響
6.作品評価・研究
7.映画化
├7.1.スタッフ
└7.2.キャスト
8.テレビドラマ化
9.おもな収録本・刊行本
└9.1.全集収録
10.脚注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/22 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant