三通
▼人気記事ランキング
2.三通の現状
2.1.小三通
2001年1月1日には小三通と称し、廈門金門島(略称で両門)の間で客船が運航され三通が限定的に実施された。後年馬祖列島と福州市馬尾区(略称で両馬)の間でも定期船の運航が開始された。また台湾の都市から金門空港へ多数の航空便が運航され、それに合わせた連絡バス、船が運航されるようになった。ただし当初は、中華人民共和国と中華民国(台湾)以外の国籍を持つ人には開放されていなかった(現在では開放されている)。

2003年春節期間中には、両地域間で直行便が開始(初めて合法的な航空路が開設)され、途中形式的に香港を経由して1月25日に第1便が運航された。こちらも、当初は中華民国(台湾)の国籍者に限定され、その後外国人にも解放されたものの、利用には厳しい制限があった(中国大陸に居住する台湾人親族の訪問目的など。観光目的による利用は事実上不可。現在は外国人、台湾住民、中国大陸住民共に自由に利用可能)。

[4]前ページ
(2.三通の現状)
[6]次ページ
(2.2.三通の実現)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/30 06:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/18 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月17日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant