三神一体
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
三神一体(さんしんいったい)またはトリムールティサンスクリット: ??????????? trim?rti、"3つの形"の意)は、ブラフマーヴィシュヌシヴァは同一であり、これらの神は力関係の上では同等であり、単一の神聖な存在から顕現する機能を異にする3つの様相に過ぎないというヒンドゥー教の理論である[1][2]。すなわち、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3柱は、宇宙の創造、維持、破壊という3つの機能が3人組という形で神格化されたものであるとする。一般的にはブラフマーヴィシュヌシヴァがそれぞれ創造、維持、破壊/再生を担うとされるが[3][4]、宗派によってバリエーションが存在する。
トリムールティはコンセプトであるが、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3神を融合した形で象徴的に偶像化されることがある[2]。1つの首から3つの頭が伸びるデザインや、1つの頭に3つの顔を持つというバリエーションが存在し[2]エレファンタ石窟群のトリムールティ像が有名である。また、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3神の集合名として「トリムールティ」が用いられることもある。これら3柱の神格が1つのアヴァターラとして顕現したものがダッタートレーヤーである[5]
目次
1.歴史、背景
├1.1.マイトリー・ウパニシャッド
├1.2.梵我一如理論の登場
├1.3.トリムールティ理論の発現
└1.4.プラーナ文献に見られるトリムールティ
2.創造、維持、破壊/再生という3つの役割
3.評価
4.トリムールティ寺院
5.関連項目
6.注釈
7.出典
8.参考文献
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/08/12 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant