殺しの双曲線
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
殺しの双曲線』(ころしのそうきょくせん)は西村京太郎1971年に発表した長編推理小説である。
本作は、双生児の替玉トリックとクローズド・サークルを主眼とした本格推理の傑作で[2]、作者は綾辻行人との対談で本作を自選ベスト5に選出している[3]
目次
1.概要と解説
2.あらすじ
3.登場人物
4.脚注
5.出典
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/03/21 09:01
ソ人気記事ランキング
2019/10/22 更新
 1位日本
 2位山口組
 3位徳勝仁
 4位矢島健一
 5位10月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant