サービス終了のお知らせ
収奪された大地 ラテンアメリカ五百年
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』(しゅうだつされただいち ラテンアメリカごひゃくねん、スペイン語:Las venas abiertas de Am?rica Latina、原語を直訳すれば 『ラテンアメリカの切り開かれた血脈』となる[1])は、ウルグアイジャーナリストエドゥアルド・ガレアーノによって1971年に出版されたルポルタージュである。
1997年の版の序文では、チリの小説家であり、元チリ大統領だったサルバドール・アジェンデの親戚であるイサベル・アジェンデが「クーデター後私は多くの物を持ち出すことが出来なかったので、服と、家族の写真と、庭の泥に塗れたバッグと、二冊の本を持ち出しました。古い版のパブロ・ネルーダの『オデス』と黄色いカバーの『ラテンアメリカの切り開かれた血管』がそれだったのです。」と記している。
英語ドイツ語フランス語イタリア語スウェーデン語ノルウェー語デンマーク語オランダ語ポルトガル語ハンガリー語チェコ語ギリシャ語ルーマニア語に翻訳されている[2]。日本語訳の訳者は大久保光夫。新評論藤原書店から訳書が出版されている。
目次
1.概要
2.背景
3.大衆文化の中で
4.脚註
5.参考文献
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/02 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant