寿司
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.1.寿司につながった魚介類の保存方法
『栽培植物と農耕の起源』(中尾佐助 1978)では「ラオスの山地民やボルネオ焼畑民族」の焼畑農耕文化複合の一つとされている。『すしの本』(篠田統 1970)は、東南アジアの山地民の魚肉保存食を寿司の起源と挙げ、高地ゆえ頻繁に入手が困難な魚を、長期保存する手段として発達したものとしている。『魚醤とナレズシの研究 モンスーン・アジアの食事文化』(石毛直道 & ケネス・ラドル 1990)では、東北タイミャンマーあたりの平野部を挙げ、水田地帯で稲作と共に成立した魚介類の保存方法が後に伝わったとしている。

中国で「鮨」の字は紀元前5 - 3世紀に成立した辞典『爾雅』に登場する。「魚はこれを鮨という。肉はこれを醢という」[注釈 1]と対比され、鮨は魚の塩辛と篠田は解釈している[注釈 2]後漢の『説文解字』に「?は魚の蔵(貯蔵形態)」であるとし、?と?は同じとする一方、鮨は魚の?醤(塩辛)だとして区別した[6][7]。?がどのような保存食かは不明だが、10世紀の徐?の注は「今俗に鮓に作る」としており[注釈 3]、これをもって「鮓」の濫觴と言える。2世紀末成立の『釈名』で鮓は「?。塩と米で?のように醸し、熟してから食べる」とされている。?は漬物のことである[8]。しかし、3世紀頃に編まれた『広雅』は鮨は鮓なりとして区別せず、東晋郭璞による『爾雅注』も同じである[9]。篠田は様々な記録から「鮓」が中国の古い時代にはあまりポピュラーな食べ物ではなかったことを示し、「南方を起源とする外来食」、つまり東南アジアから伝わったものと位置付けている[10]

日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[11]。『令義解』はこれに「鮨また鮓なり」と注解しており[12]、以後も日本では鮨と鮓が区別されず、ともに「すし」とされた[13]。『正税帳』(729年-749年)にも見える。篠田統、石毛直道らによると、これは外から来たものであり、稲作文化とともに中国は長江あたりから九州に伝わったのではないか、とみている。「鮓」の読みは『新選字鏡』(899年-901年)で「酒志」、「鮨」の読みは『倭名類聚抄』(931年-938年)に「須之」とされている[14]

[4]前ページ
(1.3.季語)
[6]次ページ
(2.2.日本の寿司)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant