サービス終了のお知らせ
首相
▼人気記事ランキング
2.地位
2.2.元首との関係
首相は行政府の長または行政を担当する官職であって、諸国の事例では、その地位は国と国民を代表する大統領や国家主席、国王などの元首とは異なる(1976年以降のキューバブルネイのように元首が首相を兼任する例はある)。ただし、元首の概念そのものは国家有機体説の遺物であり、社会契約説の国家観の下では象徴的な意味合いしか持たない。アメリカ合衆国フィリピン共和国のように大統領が行政府の長として強大な権限を持つ政体がある一方で、ドイツ連邦共和国の連邦大統領中華人民共和国国家主席など、象徴的な地位に限定されるものもある。日本の元首については論争があり、政府解釈は「天皇を元首と呼び得るかは定義による」とするにとどまる。いずれにせよ、日本国憲法下においては、国会が指名した人物を、天皇が国事行為として内閣総理大臣に任命する。

外交儀礼上の慣例では、首相は自国の国王や大統領とともに列席する際には席次で区別する。また接受の形態やカウンターパートで区別する場合がある[2]。外交慣例では国家元首には治外法権が認められ、海外訪問の際には接受国側の保護義務が発生するが、現代では元首と実質的な行政府の長(首相)が異なる場合が多く、双方の合意に基づき首相や政府要人(例えば王室・皇室の家族など)に対して元首なみの待遇を行うことが多い。

[4]前ページ
(2.1.行政府の長)
[6]次ページ
(3.各国の名称)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/17 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant