サービス終了のお知らせ
酒井田柿右衛門
▼人気記事ランキング
5.柿右衛門を題材にした物語
1912年に『名工柿右衛門』という歌舞伎が榎本虎彦により制作され、十一代片岡仁左衛門が主演した。十一代柿右衛門と親交のあった仁左衛門のはまり役だったとされ上演回数が多く、その後も他の俳優達によって演じられた。なお、内容は史実に基づいておらずフィクションである。

また、夕日に映える柿の実を見て初代が赤絵磁器を作ったとする逸話が『陶工柿右衛門』や『柿の色』の題で作者・友納友次郎により大正時代の小学校の教科書に掲載され、広く知られていたが、これはオランダにおける陶工の琺瑯彩に関するエピソードを柿右衛門に当てはめたもので『名工柿右衛門』と同様に創作である。

落語には『猫の皿』という噺がある。

[4]前ページ
(4.歴代の酒井田柿右衛門[2])
[6]次ページ
(6.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/17 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant