主権国家体制
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
主権国家体制(しゅけんこっかたいせい)とは、中世における普遍的世界の崩壊にともなって16世紀 - 18世紀ヨーロッパで形成された国家のあり方と世界秩序のことである。
の個別性および領域支配を前提とし、ローマ教皇神聖ローマ皇帝ではなく、君主ないし共和国主権が最高で絶対な存在とされる。
間で戦われた百年戦争およびドイツを舞台に繰り広げられた三十年戦争を通じて形成され、両戦争によって近代国家のかたちが整えられていった。これが1、2箇所で出現するのではなく、諸国家のシステムとしてヨーロッパ全域で成立した点が重要である。
このシステムは、18世紀 - 19世紀を通じて世界的に拡大し、現代も基本的に踏襲されている世界政治システムである。
目次
1.主権国家体制の特徴
2.主権国家体制の成立
3.主権国家体制の変容
4.関連項目
出典:Wikipedia
2018/07/24 22:31
ソ人気記事ランキング
2018/08/14 更新
 1位日本航空123便墜落事故
 2位逸見政孝
 3位逸見太郎
 4位8月13日
 5位ハウルの動く城
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant