車両識別番号
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
車両識別番号(Vehicle Identification Number、一般的には略してVIN)は、自動車産業界で個々の車両を識別するために使用しているシリアル番号を含んだ一意のコードであり国際標準化機構(ISO)3833によって定義されている。
VINは1954年アメリカの自動車メーカーが採用したのが最初だが、1981年以前はこの番号は標準とはなっておらず、各々の製造業者が独自の様式を使用していた。VINは、数字の1(いち)や0(ゼロ)との混同がないよう、I(アイ)、O(オー)、Q(キュー)を除く17桁の英数字で構成されている。
日本のメーカーが生産・販売する日本国内向け車両の場合は、2015年8月下旬以降に生産したUDトラックスの車両及びマツダが製造しているアバルト・124スパイダー以外は国土交通大臣が定める「型式 - 番号」表記の車台番号を使用しているためVINは採用されていない。ただし海外輸出向け車両や海外工場生産車に関してはこの限りでない。
中古車を購入しようとする人がVINを使用して盗難暦や事故暦(branded vehicle)、欠陥車(lemon)等を見極められるように車両履歴の照会サービスを行っている国もある。この種のサービスを利用できる国の一覧は「en:used car」の記事を参照。
目次
1.VINの構成
├1.1.国際製造者識別子
├1.2.車両記述区分
└1.3.車両識別子区分
2.チェックディジット計算法
├2.1.数字への置換
├2.2.計算で使用する加重値
└2.3.計算事例
3.出典
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/27 15:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant