篠原ともえ
性格診断|保育士|てんびん座
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.音楽
4.2.ユニット

しのランドPUNK (1997年)[編集]


学生援護会 『an』のCMでのNOISE FACTORYのメンバー(ベーシストとキーボーディストとドラマー)との共演をきっかけに、NOISE FACTORYと結成したバンド。唯一のシングル「まるもうけ」は篠原にとって初となるセルフプロデュース作品。プロモーションビデオでは1分以上の寸劇が繰り広げられた。1997年10月から11月にかけて学園祭ツアーを行なうが、同年12月5日のNOISE FACTORYの解散ライブ (しのランドPUNKも出演)で共に解散。
なお、2006年のZuTTOのコンサートの際、元NOISE FACTORYのメンバー (キーボーディストとドラマー)がバックバンドを務めている。

カロゴンズ (1997-1998年)[編集]


所属事務所の先輩(当時)ユースケ・サンタマリアビンゴボンゴ時代から仲がよかった)とのユニット。トヨタ自動車カローラツーリングワゴン」のCMで、ノベルティ・ソング気味のCMオリジナルソングを歌ったところ、視聴者からの問い合わせが徐々に増えてCD発売の運びになった。プロモーションで数々の音楽番組に多数出演し、ユースケがバラエティ番組に進出するきっかけを作った。ユースケの大ブレイク後、篠原は「ユースケ・サンタマリアは私を踏み台にした」というネタを頻繁に使用している。CM期間終了に伴いユニット解消。
なお、カロコンズのテーマのプロモーションビデオには、「しのランドPUNKの学園祭ツアー」の際に撮影した映像が使われている。

しのコーン (1997年-1998年)[編集]


フジテレビ系 『LOVE LOVE あいしてる』で手島いさむと共演したのをきっかけに結成したライブバンド。当初は手島とのユニット「しのてっしー」だったが、すぐにEBI (ベース)が加入。EBI、手島の元所属バンドユニコーンのコーンをとり、「しのコーン」という名前になった。1997年12月から1998年2月にかけてライブハウスツアー 『しのコーン』を行なったのちに解散。
オリジナル曲はないが、ユニコーンの曲を多数カバーしている。手島はその後、篠原のバックバンド「TEAM  REAM&MACHINE」のバンドマスターを務めた。

ビートルーズ (1998年)[編集]


フジテレビ系 『LOVE LOVE あいしてる』内の企画「GO! GO! BAND KIDS」で結成したバンド。メンバーは)、堂本剛(ギター)、堂本光一(ギター→ドラム)、篠原ともえ(ベース)、吉田拓郎(ドラム)。結成まもなく吉田拓郎が多忙を理由に脱退し、堂本光一が急遽ギターからドラムにコンバート。その際に「ドラムのビートがルーズ」というところからバンド名が決まった。なお、篠原はポール・マッカートニーのオマージュで、レフティベースを使用している。
1998年7月18日、『27時間夢列島 生LOVE LOVE あいしてるスペシャル』内でオリジナル曲「The Night before your Birthday」(プロデュース:松任谷正隆)を披露して解散。その後、2001年3月31日、『LOVE LOVE あいしてる』の最終回「LOVE LOVE ALL STARSさよならコンサート」の際に再結成。堂本剛 (ギター)、篠原ともえ (ベース)、堂本光一・吉田拓郎 (ドラム)で同曲を披露し、その際に製作時の裏話なども明かされた。2005年12月、篠原が『新堂本兄弟』にゲスト出演した際にも同曲は披露されたが再結成という形は取っていない。
The Night before your Birthday (1998年)
番組内では「作詞・作曲:ビートルーズ」とクレジットされていたが、実際は「作詞:堂本剛 / 作曲:堂本光一」 ※未CD化

ねずみがえし (1999年-2001年)[編集]


フジテレビ系 『LOVE LOVE あいしてる』内で生まれたガールポップユニット。堂本光一による命名。メンバーは篠原ともえ、下川みくにLOVE LOVE ALL STARS)、藤田陽子 (LOVE LOVE ALL STARS)。全員ボーカルのため、伴奏はLOVE LOVE ALL STARSに頼っている。
1999年秋に結成し、主に番組内の音楽コーナーの際に活動していたが、2000年7月31日chee'sのライブにゲスト参加。翌8月1日にLOVE LOVE ALL STARSを従えて、ライブ『ねずみがえしとLOVE LOVE ALL STARS Live 2000 「LOVE LOVE GIRL POP」』を行い、この際にオリジナル曲「LOVE LOVE GIRL POP」を披露している。同曲は同月8日のともえちゃんまつりにおいて、「篠原ともえ+下川みくに+chee's」の構成でも披露された。その後、当の『LOVE LOVE あいしてる』内で披露するタイミングを逃し活動休止状態になるが、2001年3月31日、『LOVE LOVE あいしてる』の最終回「LOVE LOVE ALL STARSさよならコンサート」の際に再び集結し、同曲を披露している。
LOVE LOVE GIRL POP (2000年)
作詞・作曲:篠原ともえ ※未CD化

篠龍 (2001年)[編集]


アニマックスドッとKONIちゃん』のテーマソングの作曲の依頼を受けた宇崎竜童が、美空ひばりのトリビュート盤で共演した篠原にオファーを出したのがきっかけになって結成したユニット。同アニメのテーマソング「キャラだもん」をリリースし、音楽番組にも多数出演。篠原と宇崎のミスマッチさが話題になった。宇崎がかなり乗り気で新曲も作っていたが、そのレコーディング前に篠原が歌手活動を休業したためにユニットは立ち消えになった。なお同年に宇崎が主演した映画『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に篠原も出演している。

ZuTTO (2003年 - )[編集]


ともえちゃんまつりで共演して以降親友になった松本英子とのポップユニット。2004年1月28日ドリームミュージック内「ZuTTOレーベル」からシングル「明日に続く空」でデビュー。制作費を抑えて製作、300円というメジャー会社としては最小価格での販売や、卒業シーズンに合わせて小学生がクラス単位で購入する現象が起こるなどして話題になった。2006年にはシングル「恋につづく街」をライブ会場で限定販売、のちにダウンロード販売している。2007年には「フワフワの空」が映画『コーラスたい♪』の主題歌として起用され、ZuTTOの2人も特別出演した。

MOLMOTT+S (2004年)[編集]


MOLMOTTとのユニット(ゲスト・ヴォーカル)。MOLMOTTのインディーズ時代の曲のカバー「月灯り」をリリース。なお、MOLMOTTは2005年10月29日に活動停止を発表している。

PANIKARAQS (2005年)[編集]


篠原の発案で「音楽とダンスの融合」を目指して結成されたアート・ユニット。ユニット名はウルドゥー語で「水のバレエ」の意味。メンバーは篠原ともえ (ボーカル)、一時帰国中の本田ゆか (音楽監督)、スティーヴ・エトウ (パーカッション)、chikage (ダンス)。同年にライブを数回行なうものの、本田がニューヨークに戻り活動停止した[41]。ライブの一部は篠原ともえのYouTubeのチャンネルtomoeight channelで配信されていた(現在は削除)。活動停止後まもなく、篠原ともえ (ボーカル、サンプラー)、スティーヴ・エトウ (パーカッション)、KenKen (ベース)という面子でセッションバンドを結成している。

Tokyo Flash!!! (2007年)[編集]


電気グルーヴのレコーディングで一緒になったり、シングル「★遊FEVER★」の編曲を手掛けてもらったりと交流のあったDJKAGAMIとのエレクトロポップユニット。ライブの一部は篠原ともえのYouTubeのチャンネルtomoeight channelで、楽曲の一部はMySpace内のTokyo Flash!!!のチャンネルhttp://www.myspace.com/tomoeshinoharaで配信されていた(現在は削除)。

シノバニ(2016年)[編集]


テレビ朝日の配信動画番組『シノ×バニ』で共演しているバニラビーンズと結成したユニット。2016年9月28日にシングル「おんなのこ☆おとこのこ」を発売[42]
浮気|夢占い|しし座
にきび跡|おうし座|手相
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.1.ディスコグラフィ)
[6]次ページ
(4.3.楽曲提供・プロデュース)

41. PANIKARAQSインタビュー
42. “篠原ともえ、新ユニット結成 バニラビーンズと「シノバニ」”. ORICON STYLE. (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075781/full/ 2016年7月27日閲覧。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/25 00:30
資格|姓名判断|さそり座
がん保険|四柱推命|内職
ソ人気記事ランキング
2017/11/24 更新
 1位GODZILLA (アニメ映画)
 2位山本博 (お笑い芸人)
 3位難波圭一
 4位11月23日
 5位鶴ひろみ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant