七大陸最高峰
▼人気記事ランキング
3.論争
3.3.エルブルス山はヨーロッパを代表する山か
かつてヨーロッパの最高峰はモンブラン(4,810m)とされていた。しかし東西冷戦の終結の後、旧ソビエトへの登山が増えた。現在は登山家の間ではヨーロッパ最高峰は、エルブルス山とするのが一般的である。

しかし、エルブルス山をヨーロッパ最高峰としたことに対する批判がある。エルブルス山のあるコーカサス地方は商業、人的交流、文化などの面でヨーロッパよりもむしろアジアに近い。そこで、エルブルス山の代わりにモンブランを入れるべきとする意見がある。

また一方でモンブランを旧ヨーロッパ、エルブルスを新ヨーロッパとして七大陸ではなく八大陸とする考えも生まれている。

[4]前ページ
(3.2.難易度についての批評)
[6]次ページ
(4.登頂記録)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/02 02:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/13 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位上沼恵美子
 4位12月12日
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant