自由民主党 (日本)
▼人気記事ランキング
4.略史
4.2.結党から1970年代まで
1955年(昭和30年)
11月15日 自由党と日本民主党の合併(保守合同)により結成。東京・神田の中央大学講堂において、結成大会を開く。当初は総裁を置かず「総裁代行委員」を置き、鳩山一郎(首相で日本民主党総裁)、緒方竹虎(自由党総裁)、三木武吉(日本民主党総務会長)、大野伴睦(元衆議院議長)の4人が務めた。所属国会議員は、衆議院298名、参議院115名[88]
1956年(昭和31年)
4月5日 - 総裁選挙を施行し、鳩山一郎首相を初代総裁に選出。
7月8日 - 結党後初の大型選挙となる第4回参議院議員通常選挙において、122議席に終わり、過半数獲得に失敗。
12月14日 - 総裁選挙を施行し、石橋湛山通産相が岸信介元商工相に決選投票で逆転勝利し、第2代総裁に選出。
1957年(昭和32年)
2月1日 - 池田勇人の仲介により、吉田茂元首相と佐藤栄作が入党。
1958年(昭和33年)
5月22日 - 結党後初の総選挙となる第28回衆議院議員総選挙で287議席を獲得し、166議席の日本社会党に勝利。
1960年(昭和35年)
11月20日 - 第29回衆議院議員総選挙において296議席を獲得。
1976年(昭和51年)
6月25日 - 河野洋平ら6名[89]が離党、新自由クラブ結成(1986年8月15日解党、大半が自民党に合流)。
12月5日 - 第34回衆議院議員総選挙で大敗、初めて公認候補の当選者数が衆議院での過半数を割る(直後に保守系無所属議員の追加公認で過半数を確保)
[4]前ページ
(4.1.前史)
[6]次ページ
(4.3.1980年代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/18 16:32
ソ人気記事ランキング
2019/05/24 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位田口淳之介
 4位5月23日
 5位KAT-TUN
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant