自由主義神学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
自由主義神学(じゆうしゅぎしんがく、: Liberal theology, Theological liberalism、リベラル、リベラリズム)は、キリスト教プロテスタント神学的立場の一つ。その発生以来、プロテスタント教会の主流エキュメニカル派の多くが採用する立場。
自由主義」の語は社会学・政治学用語からの仮借であり、神学分野では「歴史的・組織的な教理体系から自由に、個人の理知的判断に従って再解釈する」の意である。教義教理の批判的研究である教義史を確立させた[1]
かつては新神学(New Theology)とも呼ばれ、日本のキリスト教界にも大きな影響を与えた。
目次
1.自由主義神学の特徴
2.教派と神学者
├2.1.自由主義神学に立つ教派・グループ
├2.2.自由主義神学に立つ主な神学者
└2.3.自由主義神学に立たない教派・グループ
3.歴史
├3.1.18世紀:折衷的「合理主義」
├3.2.19世紀:「自由主義」「合理主義」の進展と対立の発生
└3.3.20世紀:自由主義と新正統主義
4.日本のリベラル
5.中華人民共和国
6.自由主義神学への批判的見解
├6.1.メソジスト・ウェスレー派
└6.2.改革派
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/23 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant