自動車
▼人気記事ランキング
3.分類・種類
自動車の分類法はいくつもあるが、おおまかに言うと、構造(ハードウェア)による分類と使用目的(ソフト)による分類がある[3]

理屈の上では使用目的と構造の組み合わせがマトリックス(縦横の表)のように多数あるわけだが、実際には全ての組み合わせが用いられるではなく、使用目的ごとに適している構造は(全ての構造ではなく)いくつかの目的に適した構造に絞られることになり、また多くの使用者・購入者から評価される典型的な組み合わせや傾向のようなものが生じ、ただしそれはまったく固定しているわけではなく、時代とともにそれが緩やかに変遷を経てきた歴史がある。

特定の国に限らない分類としては、基本的には、たとえば、目的によって「乗用車(数名の人を運ぶための自動車) / 貨物車(貨物を運ぶための自動車)/ 特殊な車(それ以外の目的の自動車)」と分ける方法がある。またたとえば、大きさによって「小型車 / 中型車 / 大型車」などと分ける方法が、基本的にはある。

なお自動車が登場する以前の馬車の時代に、馬車がその姿(形状)によって分類され、すでに分類法やその分類用語が確立していたので、(馬を排したとは言え)自動車の車体に関してもそれに沿った分類法が採用されてきた歴史がある。「セダン」「クーペ」「ワゴン」などという分類法はもともとは馬車の分類法を継承したものである。→#普通自動車の分類

その後、さまざまな形状が新たに開発され、中間的な形状のバリエーションも増えるにしたがい、分類が困難なものも増え、従来の分類用語では分類不能になったり混乱する場合が出てきたので、「箱状の形状がいくつあるのか?」という観点で、車体の形状を(単純化して)再分類することも行われるようになった。

[4]前ページ
(2.6.2000年代における技術開発の動向)
[6]次ページ
(3.1.法規上の分類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/16 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/19 更新
 1位日本
 2位MALICE MIZER
 3位丸山穂高
 4位北方町猟銃殺人逃走事件
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant