自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(じどうしゃのうんてんによりひとをししょうさせるこういとうのしょばつにかんするほうりつ、平成25年11月27日法律第86号)は、それまで刑法に規定されていた自動車[1]の運転により人を死傷させる行為に対する刑罰の規定を独立させた、日本法律である。略称は自動車運転処罰法または自動車運転死傷行為処罰法
目次
1.概要
└1.1.運転免許の行政処分
2.経緯
3.犯罪類型と罰則
├3.1.危険運転致死傷罪
├3.2.発覚免脱罪
├3.3.過失運転致死傷罪
├3.4.無免許運転による加重
├3.5.法定刑
└3.6.罪数論
4.道路外致死傷への適用
5.脚注
6.参考文献
7.関連項目
8.外部リンク

1. 本法律に言う「自動車」とは道路交通法に言う自動車および原動機付自転車のことである(第1条第1項)ため、三輪・四輪の自動車のほか、オートバイ小型特殊自動車も含まれる。自転車馬車などの軽車両、および、路面電車トロリーバスは対象外である。以下同じ。

出典:Wikipedia
2018/05/19 15:02
ソ人気記事ランキング
2018/06/21 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位ドーハの悲劇
 4位セオドア・カジンスキー
 5位6月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant