自然
▼人気記事ランキング
3.自然界
3.7.物質とエネルギー
科学の一部分野にとって自然とは物質とその動きであり、それらが従う自然法則を理解することを目的としている。このため、一般に最も基本的な科学の分野は「物理学」とされており、語義的にも "physics" は「自然の研究」を意味していた。

物質は、「もの」を構成する実体と定義される。観測可能な宇宙は物質でできている。宇宙の可視の部分は、いまのところ総質量のわずか4パーセントを占めているに過ぎないとされている。残りは23パーセントの暗黒物質と73パーセントのダークエネルギーだと言われている[82]。これらの正確な性質はまだ不明であり、物理学者による集中的な調査研究が進んでいる。

観測可能な宇宙の範囲内では、物質とエネルギーの挙動は明確な物理法則に従う。それらの法則を使った現代宇宙論モデルは観測可能な宇宙の構造や成り立ちをうまく説明できている。物理法則の数式には20個の物理定数が使われている[83]。物理定数は観測可能な宇宙の中では一定と見られている[84]。物理定数は注意深く測定されて決定されているが、なぜそういう値になったのかは未だに謎である。

[4]前ページ
(3.6.人間と自然。豊かさとエコロジー)
[6]次ページ
(3.8.地球以外)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 03:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant