サービス終了のお知らせ
自然発生説
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
自然発生説(しぜんはっせいせつ)とは、「生物無しで無生物(物質)から一挙に生まれることがある[1]」とする、生命の起源に関する説の1つである。一般にアリストテレスが提唱したとされている。近代に至るまでこれを否定する者はおらず[1]19世紀までの二千年以上にわたり支持された。
フランチェスコ・レディ対照実験を皮切りに自然発生説を否定する実験的証明が始まり1861年ルイ・パスツール著『自然発生説の検討』に至って、自然発生説がほぼ完全に否定された、とされる。
別名、偶然発生説とも呼ばれる。
目次
1.アリストテレスによる観察・判断・考察
2.人々の素朴な考え 
3.自然発生説を支持した実験
4.自然発生説否定の歴史
└4.1.レディの実験
5.微生物の問題
├5.1.有機物溶液の加熱および密閉
├5.2.白鳥の首フラスコ実験
├5.3.ティンダルの実験
└5.4.パスツールの観察
6.脚注
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/15 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant