自殺
▼人気記事ランキング
9.自殺の手法
9.5.入水(じゅすい)
入水や川、湖沼などに身を投げ、窒息死を試みる自殺方法。水中で水が気管に入ると咳きこみ、それがさらに大量の水を肺の中にいれ、肺によるガス交換を妨げ、血液中の酸素を低下させることで脳への酸素を断つことにより死亡に至る。したがって肺の中を水で満たされると水死する。古くからある方法の1つである。息を止めるようなことはせず、冷たい水の中に入ることで体温を奪われることにより自殺することもあるが、それは「低温」の項で後述する。未遂に終わった場合、心停止15分以内に処置ができなければ、他の酸欠による自殺と同様に生き残ってもアダムス・ストークス症候群により脳や神経に重い障害が残る可能性が高い。冬の川や湖など水温の極端に低いところで入水した場合、低体温症により死亡するまでの時間が延びて、他の人に救助される可能性も高くなる。条件がよければ、数時間の仮死状態ののち、ほとんど脳にダメージを受けることなく蘇生することもある。ただ、このような場合は寒さにより入水した直後ショック死をすることもあり、一概にはいえない。また、の上のような高い場所から飛び降り、入水することで自殺しようとする場合もあり、栃木県日光市華厳滝藤村操が滝つぼへ飛び込み自殺した事件は有名である。作家太宰治は愛人と玉川上水に入水自殺を遂げた。

艦船が沈没する際に艦長船長が船と運命をともにするということがある(船員法の「船長の最後退船の義務」が拡大解釈されたもの)。氷山と衝突したタイタニック号や、イギリス海軍やその伝統を受け継いだ日本海軍でも広く行われた[144]

[4]前ページ
(9.4.飛び降り)
[6]次ページ
(9.6.飛び込み)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/22 17:31
ソ人気記事ランキング
2018/10/18 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位ドリフ大爆笑のコント
 4位AV女優一覧 あ行
 5位10月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant