自殺
▼人気記事ランキング
8.自殺の歴史
8.6.文学・芸術における自殺
自殺は、文学における重要なテーマの一つであり、主人公の自殺に至る心理など、物語の終焉や筋の展開のなかで描かれることが少なくない。

ドイツの作家ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』が、自殺を主題とした作品として特に有名である。恋人との失恋絶望し自殺した主人公を描き、その影響で模倣自殺する人が相次いだため、発禁処分に処するところも出た事例がある。このような模倣自殺の現象をウェルテル効果という。

日本文学では、夏目漱石の『こゝろ』、井上靖『しろばんば』、渡辺淳一失楽園』などで自殺が描かれた。

また、動機はさまざまであるが、多くの著名な作家文学者が自殺を決行している。海外で有名なのはフセーヴォロド・ガルシンジャック・ロンドンヴァージニア・ウルフシュテファン・ツヴァイクアーネスト・ヘミングウェイリチャード・ブローティガン老舎など。

日本では北村透谷川上眉山有島武郎芥川龍之介金子みすゞ牧野信一太宰治田中英光木村荘太原民喜久坂葉子火野葦平三島由紀夫川端康成田宮虎彦佐藤泰志江藤淳鷺沢萠野沢尚、片山飛佑馬、見沢知廉などがいる。

[4]前ページ
(8.5.宗教と自殺)
[6]次ページ
(8.7.自殺の研究)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 16:01
ソ人気記事ランキング
2018/12/12 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月11日
 4位ディアトロフ峠事件
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant