サービス終了のお知らせ
自殺
▼人気記事ランキング
5.リスクファクター
5.7.その他の要因
トラウマは小児[132]および成人の自殺傾向のリスク因子である[133]いじめ偏見から逃れるために自ら命を絶つ人もいる[134]。小児期に性的虐待を受けたことがあることや[135]里親制度にかかった時間も危険因子である[136]。性的虐待は全体のリスクの約20%に関与していると考えられている[137]。人生の早い段階での重大な逆境は、問題解決能力と記憶に負の影響を及ぼし、どちらも自殺傾向に関連している[138]

ギャンブル依存症は、一般人口と比較して自殺念慮と実行リスクを増加させるとされている[139]。病的ギャンブラーの12-24%が自殺を試みており[140]、その配偶者では自殺率が一般人口の3倍となっている[140]。また病的ギャンブラーは、精神疾患、アルコール乱用、薬物乱用リスクも増加する[141]

遺伝的要因が自殺既遂率に影響する可能性がある。自殺の家族歴、特に母親の自殺は、青少年や成人よりも小児に影響を及ぼす[142]。養子縁組研究では、この現象が生物学的近親者の場合は見られるが、養子縁者の場合では見られないことを示している。このため、家族性の危険因子は模倣によるものである可能性は低い[143]。精神障害を考慮すると、推定された遺伝率は自殺念慮で36%、自殺企図で17%である[144]。進化的な観点から自殺を考えると、自殺は包括的適応度を向上する可能性がある。自殺する人がそれ以後子供を持つことができない場合や、生存していることで親族からリソースを奪い取ってしまう場合に起こりうると考えられている。反対に、健康な青少年の死亡は包括的適応度を増加させない可能性が高い。現代とは非常に異なる祖先環境への適応は、今の環境では不適応である可能性がある[145][146]

トキソプラズマ原虫 (トキソプラズマ症としてより一般的に知られている) による感染は、自殺のリスクと関連している。これは免疫応答による神経伝達物質の活性変化が原因であるという説がある[147]

[4]前ページ
(5.6.マスコミ報道と自殺)
[6]次ページ
(5.8.合理的な自殺)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/03 11:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant