時代劇
運命の人|脱毛|霊視
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
5.戦前の時代劇
5.3.各映画製作会社
この昭和初期の映画製作会社は、日活帝国キネマ(後の新興キネマ)、松竹東亜キネマ、PCL(後の東宝)、右太衛門プロ、千恵蔵プロ、阪妻プロ、マキノプロ、大都映画[71]などで、年間で各社10本前後から100本前後の製作本数を記録して、時代劇も大きなジャンルとして人気があった[72][73]
またトーキー以後もサイレント映画による剣戟にこだわる俳優やスタッフ、観客は存在し、1935年(昭和10年)に西宮東亜キネマ跡地に設立された極東映画、翌1936年(昭和11年)に奈良市川右太衛門プロダクション跡地に設立された全勝キネマは、それぞれが解散するまでサイレントの剣戟映画を量産しつづけた[74]
1930年代、時代劇の製作本数が現代劇を上回る年もあり、時代劇は質量ともに戦前の黄金期を支えていた[75]
六星占術|懸賞|資格
姓名判断|縁結び|恋愛占い
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(5.2.鳴滝組)
[6]次ページ
(5.4.歴史映画と国策映画)

71. 1927年に河合徳三郎が設立した河合商会が後に河合映画となり、1933年に大都映画に発展改称し、その後1942年に日活、新興キネマ(帝国キネマの後進)と合併して大映となり、大都映画は消滅した。15年間に1,294本の映画を製作した会社(1,325本製作したという資料もある)でいわゆるB級の三流映画を専門に製作した会社であった。後にプログラムピクチャーと呼ばれた週2本立てで年間100本の製作体制を取ったが、今日そのフィルムは戦災で焼失して殆ど残っていない。1937年には年間110本製作した記録が残っている。所属していた俳優は、阿部九洲夫、松山宗三郎、杉山昌三九、大乗寺八郎、そして後に戦後時代劇スターとなった近衛十四郎、また伴淳三郎も一時所属していた。『幻のB級 大都映画がゆく』65P・77P及び151P参照
72. 『幻のB級 大都映画がゆく』77P参照
73. 嵐寛寿郎もこの時期に二度プロダクションを起しているが、いずれも短期間に終わっている。
74. 『チャンバラ王国極東』、赤井祐男・円尾敏郎編、ワイズ出版、1998年 .
75. 「世界映画大事典」380P 時代劇映画の項

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/07 18:30
浮気|金融|ふたご座
ほくろ除去|心理テスト|エステ
ソ人気記事ランキング
2017/11/24 更新
 1位GODZILLA (アニメ映画)
 2位山本博 (お笑い芸人)
 3位難波圭一
 4位11月23日
 5位鶴ひろみ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant