時をかける少女 (1983年の映画)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
時をかける少女 > 時をかける少女 (1983年の映画)時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、1983年7月16日に公開された大林宣彦監督、原田知世初主演の日本映画。筒井康隆ジュブナイルSF小説時をかける少女』の最初の映画化作品。大林宣彦の「尾道三部作」(他の2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられ、ロケの多くを広島県尾道市(一部は竹原市)で行っている[2]
併映は『探偵物語[3][4]
主演の原田知世は、第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。配收は28億円を記録し邦画では年間2位となった[2][4]
目次
1.ストーリー
2.キャスト
├2.1.和子の高校の関係者
├2.2.和子の家族
├2.3.吾朗と一夫の家族
└2.4.その他
3.スタッフ
4.ロケ地
5.作品解説
├5.1.製作の経緯
├5.2.撮影をめぐって
├5.3.技法面での特徴
└5.4.設定や作中の事物について
6.評価・影響
7.後日譚
8.映像ソフト
9.関連作品
10.脚注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク

2. “(映画の旅人)「時をかける少女」 時空を超えた宝物 : 広島県竹原市・尾道市」〈1983年〉”. 朝日新聞「Be on Saturday」 (2015年2月14日). 2015年3月13日閲覧。“(映画の旅人)「時をかける少女」 時空を超えた宝物”. 朝日新聞「Be on Saturday」 (2015年2月14日). 2015年3月13日閲覧。
3. 【1983年7月】時をかける少女/宣伝費6億円 ユーミンが本気になった原田知世
4. 転校生』の製作者でATG代表の佐々木史朗が、後にATGでもう一度公開(大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本、562頁)。
5. 「大林宣彦×角川春樹 『時をかける少女』原田知世を語ろう」 - 「週刊現代」2012年8月4日号、p170-173

出典:Wikipedia
2017/12/25 00:01
ソ人気記事ランキング
2018/02/22 更新
 1位メイプルソープ事件
 2位大杉漣
 3位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 4位小平奈緒
 5位2月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant