時をかける少女 (1983年の映画)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
時をかける少女 > 時をかける少女 (1983年の映画) 時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、1983年7月16日に公開された大林宣彦監督、原田知世初主演の日本映画。筒井康隆ジュブナイルSF小説時をかける少女』の最初の映画化作品。大林宣彦の「尾道三部作」(他の2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられ、ロケの多くを広島県尾道市(一部は竹原市)で行っている[2]
併映は『探偵物語[3][4]
主演の原田知世は、第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。配収は28億円を記録し邦画では年間2位となった[2][4]
目次
1.ストーリー
2.キャスト
├2.1.和子の高校の関係者
├2.2.和子の家族
├2.3.吾朗と一夫の家族
└2.4.その他
3.スタッフ
4.ロケ地
5.作品解説
├5.1.製作の経緯
├5.2.撮影をめぐって
├5.3.技法面での特徴
└5.4.設定や作中の事物について
6.評価・影響
7.後日譚
8.映像ソフト
9.関連作品
10.脚注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/10/14 03:00
ソ人気記事ランキング
2018/10/16 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位島田さくら
 4位AV女優一覧 あ行
 5位10月15日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant