事実認定
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
事実認定(じじつにんてい)とは、裁判官その他の事実認定者(陪審制における陪審、裁判員制度における裁判官と裁判員など)が、裁判(刑事訴訟・民事訴訟)において、証拠に基づいて、判決の基礎となる事実を認定することをいう。
日本法においては、刑事訴訟では厳しい要件を満たした証拠のみが事実認定の基礎になるのに対し、民事訴訟では証拠となる資格(証拠能力)には特に制限がない。いずれの場合も、採用された証拠が事実認定にどのように用いられるか(証明力の評価)は裁判官の自由な心証による。
目次
1.刑事訴訟
├1.1.証拠能力
└1.2.証明の程度
2.民事訴訟
├2.1.証拠能力
└2.2.証明の程度
3.関連項目
出典:Wikipedia
2018/08/14 20:01
ソ人気記事ランキング
2018/12/19 更新
 1位日本
 2位紀尾井坂の変
 3位大久保利通
 4位西郷隆盛
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant