事業部制
▼人気記事ランキング
概要
事業部制(じぎょうぶせい)とは企業において、本社の下に事業ごとに組織を設けるという組織形態。これを行う事で本社の負担を減らし、事業部単位での経済的な収支や意思決定が行われるようになり迅速な経営が出来るようになる。また多角化したり、広域において事業所がある大企業では本社による判断が難しくなるため事業部制が取られるようになった。
史上ではデュポン1920年に事業部制をとり、これを参考にしてゼネラルモーターズが導入したのが事業部制の始まりである。日本では1933年松下電器産業(現・パナソニック)が導入したのが初めてとされ、今では上場企業の大多数が事業部制を取っている。
外部リンク
経営用語の基礎知識|野村総合研究所
出典:Wikipedia
2015/09/07 10:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant