サービス終了のお知らせ
視聴率
▼人気記事ランキング
4.視聴率争い
4.2.木曜21時戦争及びとんねるず包囲網
1970年代後半から80年代前半にかけて、木曜21時はTBSの『ザ・ベストテン』(以下『ベストテン』)が一強状態であったが、1988年頃になると、『ベストテン』の人気にも陰りが出始め視聴率が1桁の回もあった[55]。フジテレビは10月、人気を誇ったとんねるずの初ゴールデン冠番組として『とんねるずのみなさんのおかげです』(→『ラスタとんねるず'94』→『とんねるずのみなさんのおかげでした』)を開始。レギュラー初回は14.9%だったものの、翌1989年の年間平均視聴では24.4%を記録し、一気に『ベストテン』を破り、この年の10月には放送終了に追い込んだ。

『おかげです』はその年から1994年[56]まで6年連続で年間バラエティ番組平均視聴率ランキング第1位を獲得することになった。

TBSはベストテン終了後の1989年10月、この時間帯を13年ぶりに連続ドラマ枠として、『愛し方がわからない』を皮切りに、翌年10月からスタートした『渡る世間は鬼ばかり』に代表されるホームドラマや、石ノ森章太郎の人気漫画を実写ドラマ化した『HOTEL』、後述の『3年B組金八先生』をレギュラー放送では7年ぶりに復活、それらの作品を人気ドラマとして定着させ、テレビ朝日も『木曜ドラマ』を維持。テレビ東京の『木曜洋画劇場』もコアな視聴層を固めた。2000年代以降はテレビ朝日が『交渉人』、『ドクタ−X』、『リーガルV』など米倉涼子主演作のヒットに恵まれ、また日本テレビは、1995年10月からスタートした『輝け!噂のテンベストSHOW』を皮切りに、『どっちの料理ショー』、『ニッポン旅×旅ショー』、『秘密のケンミンSHOW』といったバラエティー番組も支持を得て、再びこの時間帯の視聴率争いが激化。テレビ東京は40年以上続いた『木曜洋画』を2009年4月改編で打ち切った。そして2018年(平成30年)4月改編で『おかげでした』も終了して、この時間帯の視聴率争いはさらに激しいものとなっている。

[4]前ページ
(4.1.土曜20時戦争)
[6]次ページ
(4.3.22時ニュース戦争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/12 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant