死者の日
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
死者の日(ししゃのひ)または万霊節(ばんれいせつ、All Souls’ Day)は、キリスト教で全ての死者の魂のために祈りを捧げる日である。ローマ・カトリック教会では正式には「The Commemoration of All the Faithful Departed」(信仰を持って逝った人全ての記念日)と呼ぶ。
カトリック教会では、諸聖人の日(諸聖人の祭日・万聖節)の翌日の11月2日である。死者の日が主日と重なった場合も、死者の日のミサが捧げられる。カトリック教会では、ミサの聖書朗読配分が定められているのだが、死者の日に関しては固定されておらず、死者のためのミサのものから自由に選べる。
目次
1.起源
2.各地の死者の日
├2.1.プロテスタント諸国
├2.2.イギリス
├2.3.東方教会諸国
└2.4.メキシコ
3.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/11 19:12
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant