死刑
▼人気記事ランキング
3.死刑の目的
3.1.死刑とはいかなる類の刑であるか
ドイツの哲学者イマヌエル・カントは「刑罰は悪に対する悪反動であるため、犯した犯罪に相当する刑罰によって犯罪を相殺しなければならない」として「絶対的応報刑論」を唱えた。これに対して「刑罰が応報であることを認めつつも、刑罰は同時に犯罪防止にとって必要かつ有効でなくてはならない」とする考え方は「相対的応報刑論」という。

日本で、死刑を合憲とした1948年(昭和23年)の最高裁判例では、「犯罪者に対する威嚇効果と無力化効果(隔離効果)による予防説に基づいて合憲」としており、応報刑的要素についての合憲性は排除されている。なお、予防説では「死刑は一種の必要悪であるとして、犯罪に対する反省もなく、改善不能で矯正も不可能な犯罪者は社会防衛のために死刑にするのもいたしかたない」との死刑存置派からの論拠がある[5]

[4]前ページ
(2.死刑の歴史)
[6]次ページ
(3.2.死刑の法的根拠)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/18 17:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant