講談社
▼人気記事ランキング
11.疑義が持たれた報道、不祥事等
11.1.記事掲載によって問題化した事件
写真週刊誌『フライデー』襲撃事件ビートたけしによる『フライデー』編集部襲撃)
講談社フライデー事件幸福の科学との対立・争議)
NHKスペシャル奇跡の詩人』タイアップ本問題
VoCE紙面上による執事喫茶Swallowtail盗撮、KAT-TUNコンサート盗撮事件2006年
奈良医師宅放火殺人事件に関する捜査情報源らしき情報を元にした書籍の刊行の事件(2007年
週刊少年マガジン』の増刊号『週刊少年マガジン増刊 マガジンドラゴン1月11日増刊号』に掲載された、豪村中作の漫画『メガバカ』に、『DEATH NOTE』などからの盗作が多数見付かり、講談社が謝罪していたことが判明した[12]
韓国出身のカリスマダイエット主婦、チョン・ダヨンの著書・「モムチャンダイエット」について、著者のチョン・ダヨンが、契約無しで日本語訳本を出版されたとして、発行元の同社を相手取り、東京地方裁判所に訴訟を起こす[13]
週刊ヤングマガジン2013年1月12日発売号に、当時AKB48のメンバーの河西智美上半身裸の姿で少年に胸を隠させるショットがあり、講談社は当該号について問題のシーンをカットした上で発売を同月21日に延期することになった[14]
このほか、週刊現代による(疑義が持たれた)報道も数多くある。
[4]前ページ
(10.7.テレビ東京)
[6]次ページ
(11.2.記事掲載を伴わない事件、不祥事等)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/23 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant