サービス終了のお知らせ
行動主義心理学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
行動主義(こうどうしゅぎ、英語:behaviorism)とは、心理学のアプローチの1つで、内的・心的状態に依拠せずとも科学的行動を研究できるという主張である。行動主義は、唯物論機械論の一形態であると考えられ、あたかもブラックボックスのような外からは観察ができない” (mind)” の独在を認めていない。多くの行動主義者に共通する1つの仮説は、“自由意志錯覚であり、行動は遺伝環境の両因子の組み合わせによって決定されていく”というものである。
20世紀精神分析学のムーブメントと同時期に、行動主義学派は心理学に浸透した。
行動主義に影響を与えた主な人物には、
などがいる。
目次
1.アプローチ
2.ジョン・ワトソン
└2.1.方法論的行動主義
3.バラス・スキナーと徹底的行動主義
├3.1.定義
├3.2.革新的な実験法と概念
├3.3.言語(的)行動
└3.4.淘汰による行動の理解
4.哲学における行動主義
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/10/11 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant