行政行為
▼人気記事ランキング
2.定義
2.1.行政行為でないもの
前述のように行政行為は「官庁が一方的に国民の具体的権利義務を決定する」必要がある。

「一方的」とは行政庁が国民との合意なしに法的に拘束することを意味する。そのため、行政契約は行政行為ではない。

行政行為は「具体的」に決定する必要がある。そのため、行政立法政令省令規則条例など)は、具体的場合に直接国民の権利義務を変動させるものではないので、原則的に行政行為ではない。[2]

そして、特定人の「権利義務」に法的効果を及ぼさない行為も行政行為ではない。例えば、行政計画や諮問機関の答申などのなかには国民の権利義務に変動をもたらさないものもあり、それらは行政行為ではない。行政指導も国民への任意的協力要請であるため、原則的に行政行為ではない。

[4]前ページ
(2.定義)
[6]次ページ
(3.意義)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/18 21:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/15 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位無名塾出身の俳優一覧
 5位12月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant