サービス終了のお知らせ
絞首刑
▼人気記事ランキング
5.絞首刑に対する批判
欧米では絞首刑が晒し刑を兼ねていた歴史から[10]これを非人道的な刑罰と考える傾向が強く、死刑制度と共に絞首刑は減少傾向にある[11]

ソビエト連邦では戦時中に「木に吊るす」という慣用句ができたほど絞首刑が頻繁に行われ、諸国の絞首刑に対する印象を著しく悪化させた。

アメリカ合衆国では、19世紀末から絞首刑は非人道的であるとの議論が起こり、多くの州で電気椅子に変更された。なお現在は電気椅子も非人道的とされて薬殺刑が主流となっており[12]、絞首刑はワシントン州などの一部の州で選択肢として残るのみとなっている。

日本においては、元検察官土本武司が、大阪此花区パチンコ店放火殺人事件で「絞首刑は違憲」との切り口から犯人を弁護し[13]、「正視に堪えない。限りなく残虐に近いもの」と主張したが[14]、裁判所に却下されている[3]。また、2008年においての計15人執行や、2018年のオウム真理教幹部ら計13人執行に対し、死刑反対国から批判が起こっている[15]

[4]前ページ
(4.一部の絞首刑で頸部が切断される問題)
[6]次ページ
(6.絞首刑をめぐる俗説)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/16 13:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant