紅茶
▼人気記事ランキング
7.紅茶の化学
7.4.発酵における赤色色素の生成
茶葉に含まれるポリフェノールオキシダーゼ(ラッカーゼとも言うEC 1.10.3.2)の作用により、カテキン類(タンニンと考えても良い)が酸化重合し、テアフラビン(橙赤色)やテアルビジン(赤色)などの赤色色素が生成する。これらの物質は茶葉にもともと含まれる紅茶フラボノイドとともに茶湯の水色を決定する。また、この際、いくつかの香気成分も生成される。

[4]前ページ
(7.3.萎凋における香気成分の変化)
[6]次ページ
(7.5.乾燥における香気成分の変化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/12 17:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/26 更新
 1位日本
 2位飯田祐基
 3位文京区幼女殺人事件
 4位肥後亨
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant